てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

電話番号

0368880030はクレディセゾンからの電話です

更新日:

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、0368880030は、クレディセゾンからの電話で支払いの催促の連絡です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:クレディセゾン
  • 電話番号:0368880030
  • 電話元の所属:信用管理センター
  • 電話の目的:支払いの催促

クレジットカードの支払い催促電話で何を言われるのか

クレジットカードは現金が手元になくても買い物が出来たり、キャッシングが可能なために便利なサービスですが、返済能力を超えた無計画な利用は返済が出来なくなったり滞ってしまう原因にもなります。

期日を過ぎても返済が行われない場合は、督促状のハガキが届いたり、携帯や自宅に支払い催促電話がかかってきます。

催促の電話で何を言われるか不安で電話を無視してしまう人もいますが、そのまま放置すれば職場に連絡があったりと悪循環な為、きちんと対応する事が可能です。

まずは電話で本人確認を行った後に本題に入ります。

引き落としが出来ていないことを伝えた上で支払いが可能な日を確認するのです。

給料日やボーナスなど支払いが出来る明確な根拠があれば、ある程度の期間は待ってくれる場合もあります。

クレジットカードの返済が遅れるとどうなるか

クレジットカードで買い物をした場合、だいたい翌月に利用代金が引き落とされます。

計画性なく使ってしまうと利用代金の支払いが足りず返済が遅れることがあります。

返済が遅れてしまうとどうなるのかというと、支払日から何日か経つと催促の電話が掛かってきます。

すぐに支払い料金が払えるようであれば支払いましょう。

催促の電話が掛かってきても支払うことが出来ない場合、翌月分と一緒に引き落とされることもありますが、大抵のクレジットカードは使用することができなくなります。

返済が遅れてしまっている代金すべてを支払わなければ再びカードを利用することが出来ないのです。

いざというときに使えなくなってしまったら困りますので、計画的に利用するべきです。

クレジットカードの支払いが厳しいときの対策

クレジットカードの支払いが厳しいときの対策ですが、まず、何もせずに時が経つに任せるというのが一番いけません。

支払いが厳しそうだと分かった時点で、実際の支払日よりも前にカードの連絡先に電話で相談するべきです。

そんなことをしても叱られるだけで何の役にも立たないのではないかと思うのは間違いです。

クレジットカード会社も、下手に会員を追い込んで結局支払いが行われなくなってしまうのが最も大きな損失だということは分かっていますから、会員を追い詰めるような言動は取りません。

もちろんあっさりと支払いが免除されるようなことはあり得ませんが、いつであれば支払えそうなのかとか、いくらであれば支払えそうなのかという相談には応じてくれるはずです。

クレジットカードが払えないときの相談先

冠婚葬祭など予定外の出費が続いたりしてクレジットカードが払えないときも出てきます。

そんなときの相談先ですが、家族には言えないと困ってしまうことも良くあります。

今どれだけ請求が来ているのか金額や内容を確認しながら、支払いができるように分割やボーナス、リボ払いなどに変更できるか相談するのも一つの手段です。

それも難しいようであれば、期日どおりに支払いができそうにないということをきちんとカード会社に連絡を入れましょう。

そのときもただ単に「支払えない」というのではなく、給料日や臨時収入のことなども把握して「支払額・期日」を具体的に示すようにしてみてください。

最終的には弁護士等に相談になりますが、一つずつ対処していきましょう。

クレディセゾンお問い合わせ

知らない営業電話が掛かってきた時の対策

みなさんの中には「知らない電話番号からかかってきたので出てみたら、営業電話だった」という経験がある人がいるのではないでしょうか。

営業電話の中には、しつこく話しかけて電話を切らせないようにしてきたり、何度も電話をかけてきたりするなど、不快な思いをさせるものが多くあります。

そこで今回は、知らない営業電話が掛かってきたときの対策について解説していきます。

1.電話に出て断る

営業電話に出てしまったら、きっぱりと断りましょう。

中には断る隙を与えないような話し方をしてくる人もいますが、話を聞かずにはっきりと断りましょう。

営業電話をかけてくる会社では、電話を掛ける社員にアポ取りなどのノルマを課していることがあります。

ですから「見込みがある」と思われると、電話がより一層しつこくなってしまう可能性があるのです。

とにかくはっきりと断る意思を示しましょう。

2.電話に出ないで無視する

知らない営業電話に出るとうまく断れず不快な思いをするという人は、電話に出ないで徹底無視をしましょう。

こちらから依頼したわけではないので、気に病む必要はありません。

電話に出ないことで余計なストレスを感じる必要もなくなります。

電話に出ないで無視するという対策は、営業電話を断るのが怖いという人にもおすすめです。

3.着信拒否する

営業電話の番号を着信拒否する対策法です。

電話を無視していても、中にはしつこく何度も電話を掛けてくる営業電話があります。

何度もしつこく掛かってくると、電話に出ていなくても着信音や画面を見るだけで不快な思いをするようになってしまいます。

あらかじめ着信拒否をしておくことで、誤って電話に出てしまう心配もなくなります。

4.留守番電話に設定する

固定電話・携帯電話ともに、留守番電話の設定をしておくという対策法です。

留守番電話を設定していれば、用件のある人は留守番電話に内容を吹き込みますので、後から内容を確認して冷静に対処することができます。

営業電話の中には詐欺目的のグループもいますので、証拠を残すという意味でも留守番電話の設定をすると良いでしょう。

しつこい電話営業は特定商取引法違反と伝える

特定商取引法という法律の中で、電話勧誘販売をする場合についての内容が記述されています。

条文の言い回しは堅苦しいので、関係する内容についてご紹介します。

特定商取引法では電話勧誘販売を行う際に

  • 氏名(会社名や担当者など)
  • 販売する商品の種類
  • 契約締結が必要な勧誘であること

を相手方に告げるように定めています。

しつこい営業電話の場合、きちんと名乗らない業者が多くいるのが実情です。

名乗らなければ、こちらから会社名などを訊ね、氏名を控えておきましょう。

また、特定商取引法ではきちんと断った人への再勧誘を禁止しています。

つまり、「契約を締結しない」という意思表示をはっきりと行った人に対して、しつこく勧誘をし続けてはいけないと定めているのです。

ですから、しつこい電話営業に対しては、はっきりと断ったあとに「特定商取引法違反です。

今後は一切連絡しないでください」などと伝えましょう。

なお、特定商取引法に違反する業者は業務停止などのペナルティを受けることがありますので、みなさんもあらかじめ内容を知っておくと良いでしょう。

-電話番号

Copyright© てるどこ , 2019 All Rights Reserved.