てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

金融

0366803000は東京国税局からの電話です

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、03-66803000は、東京国税局からの電話で税金納入の督促電話です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:東京国税局
  • 電話番号:03-66803000
  • 電話元の所属:納税コールセンター
  • 電話の目的:税金納入の督促電話

支払催促電話の上手な対応方法

ショッピングやキャッシングなどでお金を借りた場合には、自分のペースで無理なく返済をする必要があります。しかし、経済的な理由で返済期日までに支払えないケースも少なくありません。そのような時には、支払催促電話がかかってきます。突然の連絡に焦ってしまう人も多くいますが、まずは落ち着いて冷静に支払いが遅れた理由を伝えることが大切です。
事情を詳しく説明した上で、振込できる日にちを明確に答えることによって、相手方の支払催促電話に誠実に対応することが可能です。お願いする立場をわきまえて、丁寧に根気強く対応することによって、相手を軟化させて上手に対処することにつながるといえます。計画的に返済を進める努力を怠らないことも重要です。

東京国税局の特徴について

東京国税局は東京都中央区にある国税庁の地方支分部局です。管轄区域は南関東に該当する東京都・千葉県・神奈川県・山梨県の1都3県を管轄しています。
その特徴は、国税局で最大の規模を持ち影響力が強いことです。全国に12ある国税局の中で東京国税局は別格といわれており、そこには3000人ほどの職員が配置されています。税務署も合わせた総職員数は約1万5500人で約2割が東京国税局に所属している計算になります。
税務署職員を指導・監督する実査官のほかに自分の担当する案件について調査・徴収を行う調査官や徴収官という職員が主にいます。国税局で課税実務に関わっている部署は課税部・調査部・査察部で税務署では対処できないような案件を扱っています。このうち調査部は資本金1億円以上が対象なので、全法人の2%にも満ちません。マルサとも呼ばれる査察部は国税犯則取締法に基づいて内偵調査をする特殊なセクションです。

知らない営業電話が掛かってきた時の対策

みなさんの中には「知らない電話番号からかかってきたので出てみたら、営業電話だった」という経験がある人がいるのではないでしょうか。

営業電話の中には、しつこく話しかけて電話を切らせないようにしてきたり、何度も電話をかけてきたりするなど、不快な思いをさせるものが多くあります。

そこで今回は、知らない営業電話が掛かってきたときの対策について解説していきます。

1.電話に出て断る

営業電話に出てしまったら、きっぱりと断りましょう。

中には断る隙を与えないような話し方をしてくる人もいますが、話を聞かずにはっきりと断りましょう。

営業電話をかけてくる会社では、電話を掛ける社員にアポ取りなどのノルマを課していることがあります。

ですから「見込みがある」と思われると、電話がより一層しつこくなってしまう可能性があるのです。

とにかくはっきりと断る意思を示しましょう。

2.電話に出ないで無視する

知らない営業電話に出るとうまく断れず不快な思いをするという人は、電話に出ないで徹底無視をしましょう。

こちらから依頼したわけではないので、気に病む必要はありません。

電話に出ないことで余計なストレスを感じる必要もなくなります。

電話に出ないで無視するという対策は、営業電話を断るのが怖いという人にもおすすめです。

3.着信拒否する

営業電話の番号を着信拒否する対策法です。

電話を無視していても、中にはしつこく何度も電話を掛けてくる営業電話があります。

何度もしつこく掛かってくると、電話に出ていなくても着信音や画面を見るだけで不快な思いをするようになってしまいます。

あらかじめ着信拒否をしておくことで、誤って電話に出てしまう心配もなくなります。

4.留守番電話に設定する

固定電話・携帯電話ともに、留守番電話の設定をしておくという対策法です。

留守番電話を設定していれば、用件のある人は留守番電話に内容を吹き込みますので、後から内容を確認して冷静に対処することができます。

営業電話の中には詐欺目的のグループもいますので、証拠を残すという意味でも留守番電話の設定をすると良いでしょう。

しつこい電話営業は特定商取引法違反と伝える

特定商取引法という法律の中で、電話勧誘販売をする場合についての内容が記述されています。

条文の言い回しは堅苦しいので、関係する内容についてご紹介します。

特定商取引法では電話勧誘販売を行う際に

  • 氏名(会社名や担当者など)
  • 販売する商品の種類
  • 契約締結が必要な勧誘であること

を相手方に告げるように定めています。

しつこい営業電話の場合、きちんと名乗らない業者が多くいるのが実情です。

名乗らなければ、こちらから会社名などを訊ね、氏名を控えておきましょう。

また、特定商取引法ではきちんと断った人への再勧誘を禁止しています。

つまり、「契約を締結しない」という意思表示をはっきりと行った人に対して、しつこく勧誘をし続けてはいけないと定めているのです。

ですから、しつこい電話営業に対しては、はっきりと断ったあとに「特定商取引法違反です。

今後は一切連絡しないでください」などと伝えましょう。

なお、特定商取引法に違反する業者は業務停止などのペナルティを受けることがありますので、みなさんもあらかじめ内容を知っておくと良いでしょう。

-金融

Copyright© てるどこ , 2020 All Rights Reserved.