てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

電話番号

0362610061は鈴木康之法律事務所(弁護士法人)からの電話です

投稿日:

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、0362610061は、鈴木康之法律事務所(弁護士法人)からの電話で支払いの催促の連絡です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:鈴木康之法律事務所(弁護士法人)
  • 電話番号:0362610061
  • 電話元の所属:債権回収部門
  • 電話の目的:支払いの催促

借金催促の電話は何を言われるのか

クレジットカードやカードローンでは支払日までに支払いができないと、金融機関から入金の催促の電話がかかってくることがあります。

借金最速で何を言われるのか心配で電話を無視してしまう人もいますが、連絡が取れないことが一番よくないため、金融機関から借金催促の電話があったら必ず出るようにし、出られなかった場合は折り返すようにしましょう。

借金催促では、いつであれば支払いが可能かという約束の取り付けと、状況によっては収入に関して聞かれることがあります。

支払日からまだ日が経っていない場合は大きく信用が悪化することはありませんが、何か月も遅れが続いているような状態では契約内容を変更して返済計画を立てることもあります。

借金の支払いが厳しいときの対策

借金の支払いが厳しいときの対策で、それが一時的な状況である場合には借り入れ先に連絡を入れていつまでなら支払いができるのか説明します。

消費者金融などでは支払日をずらすなどの対応をしてくれる場合もあります。

収入が減るなどして、対応できる見込みがない場合には債務整理することを検討しましょう。

個人信用情報機関に記録が残ってしまうデメリットはありますが、借金を減らすことができるので生活が楽になります。

信用を損なうとクレジットカードの契約が困難になりますが、銀行口座があれば無審査で発行できるデビットカードで代用できるケースも多いです。

債務整理をした方が良いのか判断が難しいときは弁護士などの専門家に相談して決めると良いでしょう。

借金の支払いをしないとどうなるか

借金の支払いをしないと面倒なことになるので注意してください。

勤務先に連絡が入ってしまう可能性がありますし、キャッシングの利用枠をストップされる可能性もあります。

肝心なときに借りられなくなるので、キャッシングは健全に利用する必要があります。

借金の支払いをずっとしないとどうなるかと言うと、最終的に裁判にかけられるでしょう。

給料を差し押さえられると、確実に会社にバレることになります。

キャッシングはプライバシーを重視してくれるローンですが、これは延滞せずにコツコツと返済している場合の話です。

何度も延滞している利用者に対しては、金融機関も融通をきかせてはくれません。

最悪の状態にならないためにも延滞はしないようにする必要があります。

鈴木康之法律事務所(弁護士法人)お問い合わせ

-電話番号

Copyright© てるどこ , 2018 All Rights Reserved.