てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

電話番号

0332659022は弁護士法人高橋裕次郎法律事務所からの電話です

投稿日:

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、0332659022は、弁護士法人高橋裕次郎法律事務所からの電話で支払いの催促の連絡です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:弁護士法人高橋裕次郎法律事務所
  • 電話番号:0332659022
  • 電話元の所属:麹町事務所(管理部門)
  • 電話の目的:支払いの催促

借金催促の電話は何を言われるのか

借金の返済が滞ると借金催促の電話がかかってくることとなります。

この時、何を言われるのか不安で電話に出ないという方もいるはずです。

中には昔の借金取りのイメージから脅迫紛いnことを言われると思っている方もいるかもしれません。

しかし、現在は違法な取り立ては禁止されているので借金催促の電話で怖い思いをすることはありません。

では、どのようなことを言われるのかというと、まず確認されるのが期日までに返済ができなかった理由です。

ただ返済期日を忘れていただけならば、入金予定日を聞かれて終わります。

基本的にはいつまでに支払えるのかを確認したいだけですので、何を言われるのか分からないからと電話に出ないという選択はしないようにしましょう。

借金の支払いが厳しいときの対策

借金の支払いが厳しいときの対策は、利息を低くすると同時に毎月の支払額を減らすことで、いずれも法的な手続きを取ります。

タイミングとしては、借金の返済額が毎月の収入から最低限必要となる生活費を引いた金額を上回った時点です。

法的手続きには任意整理や特定調停のほか、個人民事再生や自己破産がありますが、デメリットや煩雑さを考慮すると特定調停が候補となります。

他の方法も含めてすべて個人で行うほか、弁護士等に依頼することも可能ですが、特定調停は簡易裁判所を通すため、直接金融業者と対峙して話し合う必要がありませんから、個人でも大きなストレスにはなりませんし費用も安価です。

金融業者との和解が成立すれば、減額後の金額を3年から5年程度で支払います。

借金の支払いをしないとどうなるか

カードローンなど金融業者から借金をしている場合、支払いをしない状態が続くとどうなるかというと、通常は期限が過ぎた段階で電話連絡が入ります。

通常は数日程度経過してから、それとなく電話が入るケースがほとんどです。

連絡できない状態が続くと、次の返済期限が来るまでに複数回電話連絡かもしくは郵送により通知が届きます。

勤務先には個人名で連絡が入ります。

この時点で相談すれば、業者によっては利息分の支払いだけで済むよう考慮してくれますが、無視し続けると法的手続きに移行する可能性が高くなります。

一般的には金融業者が裁判所に給与差し押さえ等の申し立てを行いますから、裁判所から自宅に通知が届きます。

出頭して和解となれば差し押さえは行われず、利息を除いた金額を分割払いとなるケースがほとんどですが、出頭しなければ給与差し押さえとなり、信用情報機関に事故情報が登録されますから、無視せずに早めの連絡が必要です。

弁護士法人高橋裕次郎法律事務所お問い合わせ

-電話番号

Copyright© てるどこ , 2018 All Rights Reserved.