てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

金融

0222117259は日立キャピタル債権回収からの電話です

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、022-211-7259は、日立キャピタル債権回収からの電話で奨学金の返還案内です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:日立キャピタル債権回収
  • 電話番号:022-211-7259
  • 電話元の所属:
  • 電話の目的:奨学金の返還案内

奨学金の返済が難しい場合には減額方法がある?

日本学生支援機構奨学金には減額返還制度が設けられています。そして、奨学金の返還が難しくなった時に申請すると月々の奨学金の返済額を、2分の1か3分の1に減額できるのです。そのぶん返済期間が長引くというデメリットはありますがそうした制度があるのとないのとでは違います。減額返還制度は低収入や失業、病気・ケガ、災害といった場合に利用できますが、これまで奨学金の返済を滞納していないということが必要です。また、口座振替の手続きが済んでいる月賦返済の人で、個人信用情報の取扱いに関する同意書が提出しているという場合に利用できるといわれます。ただ、所得連動返還方式になっているとこの制度は利用できませんが、減額方法は必要書類を日本学生支援機構へ郵送して申し込むようになるのです。

日立キャピタル債権回収で任意売却をする場合の特徴

日立キャピタル債権回収で任意売却をする場合には、とにかく書類が多くなるのが特徴といって良いかもしれません。此処は住宅金融支援機構の業務を代行している関係もあって多くの書類の提出を求められることになります。ですから、これらの多くの書類をしっかりと管理することが出来る経験豊富な不動産会社に依頼をすることが必要になると考えた方が良いかもしれません。経験がない不動産会社だと提出する書類に不備があったり、遅れが生じたりして、様々な手続きが上手く行われなくなる可能性があるという事も考えられます。日立キャピタル債権回収の方が困るのはこうした提出書類の遅れがある場合だとも聞きますから、しっかりと必要書類を管理することが出来る不動産会社を選択する必要があります。

知らない営業電話が掛かってきた時の対策

みなさんの中には「知らない電話番号からかかってきたので出てみたら、営業電話だった」という経験がある人がいるのではないでしょうか。

営業電話の中には、しつこく話しかけて電話を切らせないようにしてきたり、何度も電話をかけてきたりするなど、不快な思いをさせるものが多くあります。

そこで今回は、知らない営業電話が掛かってきたときの対策について解説していきます。

1.電話に出て断る

営業電話に出てしまったら、きっぱりと断りましょう。

中には断る隙を与えないような話し方をしてくる人もいますが、話を聞かずにはっきりと断りましょう。

営業電話をかけてくる会社では、電話を掛ける社員にアポ取りなどのノルマを課していることがあります。

ですから「見込みがある」と思われると、電話がより一層しつこくなってしまう可能性があるのです。

とにかくはっきりと断る意思を示しましょう。

2.電話に出ないで無視する

知らない営業電話に出るとうまく断れず不快な思いをするという人は、電話に出ないで徹底無視をしましょう。

こちらから依頼したわけではないので、気に病む必要はありません。

電話に出ないことで余計なストレスを感じる必要もなくなります。

電話に出ないで無視するという対策は、営業電話を断るのが怖いという人にもおすすめです。

3.着信拒否する

営業電話の番号を着信拒否する対策法です。

電話を無視していても、中にはしつこく何度も電話を掛けてくる営業電話があります。

何度もしつこく掛かってくると、電話に出ていなくても着信音や画面を見るだけで不快な思いをするようになってしまいます。

あらかじめ着信拒否をしておくことで、誤って電話に出てしまう心配もなくなります。

4.留守番電話に設定する

固定電話・携帯電話ともに、留守番電話の設定をしておくという対策法です。

留守番電話を設定していれば、用件のある人は留守番電話に内容を吹き込みますので、後から内容を確認して冷静に対処することができます。

営業電話の中には詐欺目的のグループもいますので、証拠を残すという意味でも留守番電話の設定をすると良いでしょう。

しつこい電話営業は特定商取引法違反と伝える

特定商取引法という法律の中で、電話勧誘販売をする場合についての内容が記述されています。

条文の言い回しは堅苦しいので、関係する内容についてご紹介します。

特定商取引法では電話勧誘販売を行う際に

  • 氏名(会社名や担当者など)
  • 販売する商品の種類
  • 契約締結が必要な勧誘であること

を相手方に告げるように定めています。

しつこい営業電話の場合、きちんと名乗らない業者が多くいるのが実情です。

名乗らなければ、こちらから会社名などを訊ね、氏名を控えておきましょう。

また、特定商取引法ではきちんと断った人への再勧誘を禁止しています。

つまり、「契約を締結しない」という意思表示をはっきりと行った人に対して、しつこく勧誘をし続けてはいけないと定めているのです。

ですから、しつこい電話営業に対しては、はっきりと断ったあとに「特定商取引法違反です。

今後は一切連絡しないでください」などと伝えましょう。

なお、特定商取引法に違反する業者は業務停止などのペナルティを受けることがありますので、みなさんもあらかじめ内容を知っておくと良いでしょう。

-金融

Copyright© てるどこ , 2019 All Rights Reserved.