てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

電話番号

0120907557はKDDIフィナンシャルサービスからの電話です

投稿日:

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、0120-907557は、KDDIフィナンシャルサービスからの電話でリボ払いの案内の連絡です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:KDDIフィナンシャルサービス
  • 電話番号:0120-907557
  • 電話元の所属:プロモーションセンター
  • 電話の目的:リボ払いの案内

リボ払いのメリット・デメリット

クレジットカードで支払いできるのでつい買ってしまったけど、よく考えると翌月にこんなに大きな支払いは出来ない。

一体どうしたらいいのだろうと頭を抱えたことはありませんか。

そういうことが起こらないというのがリボ払いのメリットです。

支払いが出来rことを考えて決めた金額が毎月引き落とされるわけで一度に大きな支払いになる事はありません。

逆にデメリットはどんなに買い物をしても支払いが急に増えるわけではないので、お金を無駄遣いしたという実感がないことでしょう。

それにリボ払いには金利手数料も生じます。

翌月一括払いなら必要のない手数料が生じることはやはりデメリットでしょう。

特にミニマムペイメントで利用した場合などはずいぶんな金額になってしまいます。

クレジットカードの「分割払い」と「リボ払い」の違い

クレジットカードの「分割払い」と「リボ払い」はよく似ていますが、厳密に言うと違います。

まず、クレジットカード会社により設定されている手数料が違います。

カードによって異なりますが分割払いは年14%、リボ払いは年15%というようにリボ払いのほうがわずかに高くなっているケースが多いのではないでしょうか。

また、分割払いは買い物のときにレジで申告をしないと分割にできなくなっていることがあります。

会員ログイン画面で後から変更できるのはリボ払いのほうです。

これもカードによって異なり、後から分割払いの回数を変更できることもあります。

最大の違いは、分割払いが2回払い・5回払い・10回払いというように毎月一定の金額を決まった回数に分けて支払っていくのに対し、リボ払いは月額最低返済額だけが口座から引き落とされていくという点です。

クレジットカードの支払いが厳しいときの対策

買い物の支払い方法として非常に便利なクレジットカードですが、諸事情により支払いが難しくなる場合があります。

急な出費が重なったり、貯金が尽きてしまったり、様々な理由で遅延の可能性が出てきます。

もし、そうなってしまった場合放置は一番よくありません。

支払いが厳しいときは、まずクレジットカード会社に連絡をする対策を講じる必要があります。

相談をすることで、翌月の支払いを送らせることができたり、分割にすることができるのです。

負担を減らせることができれば、返済能力が回復したあと、苦労することなく返済ができることでしょう。

少しでも今月は支払いが厳しいと感じたときは、すぐにクレジットカード会社に連絡をして理由を説明してみるとよいです。

KDDIフィナンシャルサービスお問い合わせ

-電話番号

Copyright© てるどこ , 2018 All Rights Reserved.