てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

電話番号

0120456559は新生銀行からの電話です

更新日:

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、0120-456559は、新生銀行からの電話で資産運用のキャンペーンの連絡です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:新生銀行
  • 電話番号:0120-456559
  • 電話の目的:資産運用のキャンペーン

資産運用とは

資産運用とは何かというと、自分が持っている現金や不動産、株や債権といた資産を管理運用して増やしていく事です。

自分の資産を増やすという事なので、定期預金や保険に入る事もある種資産運用と言う事が出来ます。

資産運用には大きさは異なりますがリスクが伴います。

銀行に定期預金しているから安心と思いきや、その銀行がつぶれてしまった場合は、預金金額によっては全額戻ってこない場合もありますので注意が必要です。

具体的に資産運用にはどのようなものがあるかというと、株式投資やFX、投資信託といった比較的リスクの高いものから、定期預金や保険、国債や地方債といった行政が発行する債券を購入する等リスクが低いものまで幅広くあります。

資産運用のメリット・デメリット

資産運用をして得られるメリットとして、持っている資産を増やすことができる点です。

やり方によっては大きく資産を増やす可能性も秘めているため生活をより豊かな状態にすること不可能なことではありません。

人によってはハイリスクハイリターンを狙うこともあり、働いて得る収入よりもより多くの収入になる場合もあります。

デメリットとしては資産を減らしてしまう可能性がある点です。

資産を増やしていく目的ではじめても、うまくいかずに減らしてしまうことにより生活がかなり厳しい状況になるケースもあります。

メリットやデメリットはありますが、資産を増やしていくだけでなくさまざまな経験を積むことでいろいろなことを学ぶことも資産運用では大切です。

おすすめの資産運用

将来の生活のために資産運用を考える人は結構多いです。

世の中にはいろいろな資産運用方法がありますが、特におすすめしたいのは、インデックス投資です。

聞きなれない言葉だと思われますが、簡単にいうと日経平均株価やTOPIXなど特定の指標に連動して取引を行う投資信託であります。

このインデックス投資は長期間投資が前提の方法で、確実に資産を増やすためには最低でも10年はファンドにお金を預ける必要があります。

そんなに預けて大丈夫なのと心配になる人も少なからずいると思いますが、余程のことがないかぎり大変なことにはなりません。

長期間であればあるほど資産を増やせるため、まずは口座の新規開設から始めてみては如何でしょうか。

新生銀行お問い合わせ

知らない営業電話が掛かってきた時の対策

みなさんの中には「知らない電話番号からかかってきたので出てみたら、営業電話だった」という経験がある人がいるのではないでしょうか。

営業電話の中には、しつこく話しかけて電話を切らせないようにしてきたり、何度も電話をかけてきたりするなど、不快な思いをさせるものが多くあります。

そこで今回は、知らない営業電話が掛かってきたときの対策について解説していきます。

1.電話に出て断る

営業電話に出てしまったら、きっぱりと断りましょう。

中には断る隙を与えないような話し方をしてくる人もいますが、話を聞かずにはっきりと断りましょう。

営業電話をかけてくる会社では、電話を掛ける社員にアポ取りなどのノルマを課していることがあります。

ですから「見込みがある」と思われると、電話がより一層しつこくなってしまう可能性があるのです。

とにかくはっきりと断る意思を示しましょう。

2.電話に出ないで無視する

知らない営業電話に出るとうまく断れず不快な思いをするという人は、電話に出ないで徹底無視をしましょう。

こちらから依頼したわけではないので、気に病む必要はありません。

電話に出ないことで余計なストレスを感じる必要もなくなります。

電話に出ないで無視するという対策は、営業電話を断るのが怖いという人にもおすすめです。

3.着信拒否する

営業電話の番号を着信拒否する対策法です。

電話を無視していても、中にはしつこく何度も電話を掛けてくる営業電話があります。

何度もしつこく掛かってくると、電話に出ていなくても着信音や画面を見るだけで不快な思いをするようになってしまいます。

あらかじめ着信拒否をしておくことで、誤って電話に出てしまう心配もなくなります。

4.留守番電話に設定する

固定電話・携帯電話ともに、留守番電話の設定をしておくという対策法です。

留守番電話を設定していれば、用件のある人は留守番電話に内容を吹き込みますので、後から内容を確認して冷静に対処することができます。

営業電話の中には詐欺目的のグループもいますので、証拠を残すという意味でも留守番電話の設定をすると良いでしょう。

しつこい電話営業は特定商取引法違反と伝える

特定商取引法という法律の中で、電話勧誘販売をする場合についての内容が記述されています。

条文の言い回しは堅苦しいので、関係する内容についてご紹介します。

特定商取引法では電話勧誘販売を行う際に

  • 氏名(会社名や担当者など)
  • 販売する商品の種類
  • 契約締結が必要な勧誘であること

を相手方に告げるように定めています。

しつこい営業電話の場合、きちんと名乗らない業者が多くいるのが実情です。

名乗らなければ、こちらから会社名などを訊ね、氏名を控えておきましょう。

また、特定商取引法ではきちんと断った人への再勧誘を禁止しています。

つまり、「契約を締結しない」という意思表示をはっきりと行った人に対して、しつこく勧誘をし続けてはいけないと定めているのです。

ですから、しつこい電話営業に対しては、はっきりと断ったあとに「特定商取引法違反です。

今後は一切連絡しないでください」などと伝えましょう。

なお、特定商取引法に違反する業者は業務停止などのペナルティを受けることがありますので、みなさんもあらかじめ内容を知っておくと良いでしょう。

-電話番号

Copyright© てるどこ , 2019 All Rights Reserved.