てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

電話番号

0120306327はアプラスからの電話です

投稿日:

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、0120-306327は、アプラスからの電話でリボ払いの案内の連絡です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:アプラス
  • 電話番号:0120-306327
  • 電話の目的:リボ払いの案内

リボ払いのメリット・デメリット

リボ払いのメリットは毎月の支払い額を抑えられることです。

残高に応じて支払いの最低額が変わることがありますが、ほぼ一定であるため負担が少なく、一度にお金を用意できない場合には役に立ちます。

リボ払いのデメリットは手数料が発生することと支払いがいつまでも終わらないことです。

分割払いですが、回数が指定されているものではないので返済期間が長期化します。

金利が低いわけではないので、長くなるほど利息の総額が膨れ上がります。

また、月々の支払い額があまり変わらなことで残高が増えている意識が薄れてしまう、利用しすぎて返済不能に陥ることがあり、安易に利用するのは危険です。

お金に余裕ができたときは繰り上げで返済して早めに元本を減らすと良いでしょう。

クレジットカードの「分割払い」と「リボ払い」の違い

クレジットカードで支払い方法である「分割払い」と「リボ払い」。

その両者の違いはなんでしょうか。

まず「分割払い」は、3回払いや12回払いなど、回数を決めて支払う方法です。

例えば、60,000円の商品を3回払いにすれば、1ヶ月あたり20,000円の金額を3ヶ月間での支払いになります。

そして「リボ払い」は回数を決めるのではなく、1ヶ月あたり支払い金額を決めておき、支払いが終わるまで払い続ける方法です。

例えば、1ヶ月あたり10,000円ずつ払う設定ならば、60,000円の商品を購入した場合は6ヶ月かけて支払うことになります。

また「分割払い」は、複数回商品を購入すれば、その都度支払い回数を決めます。

一方、「リボ払い」は、何度商品を購入しても、1ヶ月あたりの支払い額は設定した金額以上になることはなく、支払いの回数が増えていきます。

クレジットカードの支払いが厳しいときの対策

クレジットカードの支払いが厳しいという時は多く存在しますが、そんな時にはある程度の対策方法があります。

まず支払いが厳しいときは動揺して連絡先が無いのかを考えてしまうことがありますがそんなこともありません。

クレジットカード会社では支払いが困難なときには相談窓口に相談することができますから、そこで事情を説明する必要があります。

この先すぐにお金が工面できるのか、あるいは自分ではどうしたいのかをはっきり伝えるようにしましょう。

連絡せずに放置するのが一番いけないことですから、なにか問題がある時に、あるいは支払いが厳しいときにはなるべく対策として通知書に書かれている連絡先に電話して猶予などをしてもらうことができないか交渉していきましょう。

アプラスお問い合わせ

-電話番号

Copyright© てるどこ , 2018 All Rights Reserved.