てるどこ

知らない電話番号の発信元を調査するサイト

電話番号

0120095919は三菱東京UFJ銀行からの電話です

更新日:

過去にこの電話番号から電話がかかってきた人によると、0120-095919は、三菱東京UFJ銀行からの電話で支払いの催促の連絡です。

※ただし、この情報が間違っている可能性があるので、電話に出て確認してください。

電話番号の情報まとめ

  • 電話元:三菱東京UFJ銀行
  • 電話番号:0120-095919
  • 電話の目的:支払いの催促

クレジットカードの支払い催促電話で何を言われるのか

クレジットカードの支払いを滞納した場合、督促の仕方はカード会社によって若干異なります。

再引き落とし日を設定して、その案内を通知してくるカード会社が多いですが、いきなり、支払い催促電話を携帯や勤務先にかけてくるカード会社もあります。

そこで何を言われるのかということですが、基本的に、「支払いが遅れていることの通知」と「具体的にいつ返済できるのか」という確認です。

もし、この電話で返済日を確約できないと、翌日以降も電話がかかってくることになるので注意しましょう。

滞納期間が短いのであれば、支払い催促電話で怒られることはまずありません。

ただ、長期間滞納した末の催促電話の場合、取り立て専門の部署が電話をしてきて厳しいことを言ってくる可能性が高いです。

クレジットカードの返済が遅れるとどうなるか

クレジットカードの返済が遅れるとどうなるのかというと、まず最初に利用限度枠の減少があります。

その段階でクレジットカードの返済を通常に戻すとそれ以上のペナルティーはありません。

しかしその状態が続くとクレジットカードの更新ができなかったり、最悪の場合契約の途中でも強制解約される可能性も否定できないです。

さらにクレジットカード会社は信用情報登録機関に支払い履歴や、遅延・延滞に関する履歴をすべて正確に乗せるので、返済が遅れている状態だと新しいクレジットカードや銀行等のカードローンなどの新規契約も他の人と比べて非常に難しくなります。

クレジットの返済が遅れるとこのようなペナルティーが課せられる可能性があります。

クレジットカードの支払いが厳しいときの対策

季節の変わり目など、必要なものが多く買い物をし過ぎてしまう事は珍しくありません。

クレジットカードを使っていると、お財布の中から直接お金が減るわけではないので使いすぎる可能性は高くなります。

気がついたら、請求額が高過ぎて一度に返済するのが困難になる事もあります。

しかし、返済をしないで放っておくとクレジットカード会社から督促状が届くので注意が必要です。

返済額が高額で困ったときは、慌てずに支払える方法をきちんと考える事が大切です。

無理なく返済する方法として簡単に手続きしやすいのが、リボ払いでしょう。

請求額が確定する前に、リボ払いを申請すれば一度に返済する額を一定に抑える事ができます。

支払いが厳しいときは、対策としてリボ払いをまず検討してみるのがオススメです。

クレジットカードが払えないときの相談先

クレジットカードが払えないときの相談先について、悩まれている方は結構多いのではないでしょうか。

ショッピングもキャッシングもできる非常に便利なクレジットカードですが、魔法のカードではありません。

利用した分はきっちりと翌月には請求がかかります。

助けてくれる家族や友人がいれば良いですが、金の切れめが、縁の切れめという諺の通り、身近な人に下手に相談すると人間関係を壊しかねないのがお金の問題です。

クレジットカードが払えないときは、身近な人に頼るより、その道の専門家、弁護士に相談しましょう。

債務整理の問題ならば相談だけなら無料というところがたくさんあります。

また、市区町村の役所でも定期的に弁護士の無料相談を実施しているようです。

弁護士であれば、守秘義務があるので周りにバレる心配もなく、一番良い解決方法を提案してもらえるので相談先としては、ベストです。

悩まれている方は一度試してみることをおすすめします。

三菱東京UFJ銀行お問い合わせ

知らない営業電話が掛かってきた時の対策

みなさんの中には「知らない電話番号からかかってきたので出てみたら、営業電話だった」という経験がある人がいるのではないでしょうか。

営業電話の中には、しつこく話しかけて電話を切らせないようにしてきたり、何度も電話をかけてきたりするなど、不快な思いをさせるものが多くあります。

そこで今回は、知らない営業電話が掛かってきたときの対策について解説していきます。

1.電話に出て断る

営業電話に出てしまったら、きっぱりと断りましょう。

中には断る隙を与えないような話し方をしてくる人もいますが、話を聞かずにはっきりと断りましょう。

営業電話をかけてくる会社では、電話を掛ける社員にアポ取りなどのノルマを課していることがあります。

ですから「見込みがある」と思われると、電話がより一層しつこくなってしまう可能性があるのです。

とにかくはっきりと断る意思を示しましょう。

2.電話に出ないで無視する

知らない営業電話に出るとうまく断れず不快な思いをするという人は、電話に出ないで徹底無視をしましょう。

こちらから依頼したわけではないので、気に病む必要はありません。

電話に出ないことで余計なストレスを感じる必要もなくなります。

電話に出ないで無視するという対策は、営業電話を断るのが怖いという人にもおすすめです。

3.着信拒否する

営業電話の番号を着信拒否する対策法です。

電話を無視していても、中にはしつこく何度も電話を掛けてくる営業電話があります。

何度もしつこく掛かってくると、電話に出ていなくても着信音や画面を見るだけで不快な思いをするようになってしまいます。

あらかじめ着信拒否をしておくことで、誤って電話に出てしまう心配もなくなります。

4.留守番電話に設定する

固定電話・携帯電話ともに、留守番電話の設定をしておくという対策法です。

留守番電話を設定していれば、用件のある人は留守番電話に内容を吹き込みますので、後から内容を確認して冷静に対処することができます。

営業電話の中には詐欺目的のグループもいますので、証拠を残すという意味でも留守番電話の設定をすると良いでしょう。

しつこい電話営業は特定商取引法違反と伝える

特定商取引法という法律の中で、電話勧誘販売をする場合についての内容が記述されています。

条文の言い回しは堅苦しいので、関係する内容についてご紹介します。

特定商取引法では電話勧誘販売を行う際に

  • 氏名(会社名や担当者など)
  • 販売する商品の種類
  • 契約締結が必要な勧誘であること

を相手方に告げるように定めています。

しつこい営業電話の場合、きちんと名乗らない業者が多くいるのが実情です。

名乗らなければ、こちらから会社名などを訊ね、氏名を控えておきましょう。

また、特定商取引法ではきちんと断った人への再勧誘を禁止しています。

つまり、「契約を締結しない」という意思表示をはっきりと行った人に対して、しつこく勧誘をし続けてはいけないと定めているのです。

ですから、しつこい電話営業に対しては、はっきりと断ったあとに「特定商取引法違反です。

今後は一切連絡しないでください」などと伝えましょう。

なお、特定商取引法に違反する業者は業務停止などのペナルティを受けることがありますので、みなさんもあらかじめ内容を知っておくと良いでしょう。

-電話番号

Copyright© てるどこ , 2019 All Rights Reserved.